「すきま風ビバップ」

 冷めた日は渦の中に落ちる  飛び込めば深く いつもよりは落ちる  沸き上がったテーマに足を浸す  気がつけばそこに ぬめった感覚がいる  冴える朝 書店へと走る  紙の匂いはどうして 酷く優しすぎて  それでまた身体を温める  体温が戻ればやることをやる  掴みかけた糸口またばらす  そんなこんなで要約。  潤った意見がいる  我々はすきま風で手を拭いて   乾かしては汗ばみ 同じように窓を探す  足手まといになるのを恐れては  メンバーチェンジ施し 繰り返してバカになる

「片想い 両想い」

 若い二人は片想い 息つく間もなく両想い  誓う二人は肩寄せて 行きつくところは両想い  街を見下す丘の上 ひねくれ模様のとまり木に  君の名前を彫ってみる 蝉時雨が染み込んだ  各駅停車の勇み合い 窓から広がる青化粧  ブルーな気分は投げ捨てた 日々の波間に泡となれ  愛のことばをささやいて  世界の場末に飛んでくよ 飛んでくよ  可愛いあの娘とイカしたあいつは  触れあう時でも 対立してても  日射しの強さにやられた時でも  隣じゃなくても 自由な宇宙さ  似合う二人は片想い とどのつまりは両想い  開始の合図さ聞こえたろ?  いつもの同じベルが鳴る    若い二人は片想い 息つく間もなく両想い  誓う二人は肩寄せて 行きつくところは両想い

「すべてを」

 まばらに見るゆめは 夕射しに溶けこんだ  鎮まり。ホームへ帰ろうかなんて  アイスコーヒー少し残した    さびしさがつのる 想いは  ぬくもりにゆらいでる、ちょっとだけ  Ease my mind people ! ラララ シラフ going on it  Ease my mind people ! そこにいる people  遠い路 夜が明ける頃になって  すべてを忘れてしまうだろう

「R&B」(リズムと慕情)

 get on the board ジャケット! ひるがえる  どですかでん リズム! 繰り返す  君のハンカチ湿ってるって  なみだの陰に隠れてないで  汽笛の音がけたたましいね  音の力はあなどれないね    ツイてないねとぼやく日々さ  仕方ないねと奴ら言うけど  胸に響くよ別れのメッセージ  空に広がる慕情のトラック  笑うふりして君はそっと泣いたよ  哀しみはいつか海に還るときいたよ  君のハンカチ湿ってるって  なみだの陰に隠れてないで  汽笛の音がけたたましいね  オワカレミタイネ

「ドーンソング」

 線を描くものたちに   ものを配るものたちに  あふれるサインを手にして  位置のない汚れを探している  ベルの場所は西の窓から  くっついた眼が開かないまま  簡単なものですませよう  アクション映画を観に行こう  千を超える普通のチャンス  匂いと共に蘇れ  このニュースはとっておこう  天をめぐる無数のニュアンス  落ちゆく日焼けの痕さえならす    めくれた場所から痛みがあるなら  叶わぬ想いの日々がいつしか  それには見えない意味などないかも  ここには消えない傷などあるかもな  いかさまの海で溺れた吐いた  落ちゆく日焼けの痕さえ襟をつかむ    めくれた場所から痛みがあるなら  叶わぬ想いの日々がいつしか  それには見えない意味などないかも  ここには消えない傷などあるかも  無くした傘また切り返してみる  愛しさだけなら声で気づかせて  そうしてぼくらはぐっときて愛を  そうしてぼくらはぐっときて(愛を)

     Copyright ©小屋レコード